メニュー

事務所概要Overview of the Firm

アイエイ法律事務所 事務所概要
 

事務所の特徴

実践的なストラテジーの提示

代表弁護士の森倫洋は、裁判官としての10年間の勤務経験と長年にわたるビジネスロイヤーとしての経験から、裁判になった場合の見通しを踏まえた上で、企業の実態に即したストラテジーを提示します。

豊富な経験に基づく引き出しの多さ

数百億円単位の紛争や1000億円単位の債権回収案件、企業の存亡をかけた訴訟・事業再生案件、FCPA、消費者紛争や従業員不祥事、労務問題など幅広い取扱実績を持ち、裁判以外の交渉やADRを含めてその経験に裏打ちされた多くの「引き出し」を活用して問題解決に挑みます。

大手法律事務所のレベルで柔軟なフィー体系

大手事務所では時には多くの人員を配して報酬水準が相対的に高くなることがありますが、当事務所では限られたリソースを有効活用し、効率的な処理を心掛けるとともに、成功報酬など「成果主義」型の報酬体系について柔軟にご相談に応じます。

国際業務にも対応

バイリンガルの弁護士・スタッフを複数擁しており、英語対応可能であり、国際業務にも対応できます。

セカンドオピニオン・専門家意見書の提出も対応

代表弁護士の裁判官としての勤務経験を活かして、セカンドオピニオンの提出や外国裁判所・国際仲裁における専門家意見書の提出も行なっております。
また、控訴審からの対応や案件の簡易な見通し・評価の相談にも対応します。

Purpose & Mission

代表弁護士

森 倫洋

Michihiro MORI
代表弁護士の森倫洋は、東京地方裁判所、最高裁民事局勤務やハーバード大学への留学(LL.M.)を含め10年間裁判官として勤務した後、西村あさひ法律事務所で14年間(うちパートナーとして12年間余)勤務しました。
訴訟・ADR等の紛争解決や事業再生・労働法務のエキスパートとして、Chambers Asia Pacific、The Legal 500 Asia Pacific PLC Which Lawyer等で、長年にわたり日本のLeading Lawyer / Recommended Lawyerに選ばれています。

過去の案件実績(代表弁護士の取扱案件)

  • ●訴訟・紛争関係
    1400億円規模の新株発行差止仮処分【発行会社側】
    上場企業の新株発行差止仮処分【申立人側】
    証券会社の証券取引所に対する数百億円規模の損害賠償請求訴訟
    1500億円規模の債権回収案件
    700億円規模の倒産関連訴訟
    100億円規模の税務訴訟
    数十億円規模の表明保証違反に基づく補償請求案件
    数十億円規模の国際仲裁案件
    数十億円規模の否認権行使関連訴訟【管財人側・債権者側】
    数十億円規模の賃料増減額請求訴訟
    国内大手メーカーによる特許権侵害差止請求訴訟
    競業行為差止請求訴訟
    不正競争防止法に基づく営業秘密の侵害差止請求・損害賠償請求
    適格消費者団体による差止請求訴訟【事業会社側】
    産業廃棄物処理施設の設置不許可処分に関する裁決取消訴訟・再審査請求
    年金基金による特別掛金の賦課処分に関する再審査請求
  • ●労働案件
    国内大手企業・グローバル企業における組織再編/人員削減対応
    国内大手企業の人事制度・賃金制度改定対応
    国内大手企業・外資系企業の労働組合対応や労働紛争の対応
    解雇訴訟における使用者側代理
    東証一部上場企業の上場時における労働問題の解消のための対応
    外国の在日日本大使館や米国大学の労働問題へのアドバイス
    年金制度改革へのアドバイス
    公的団体における外国人就労適正化監視のための政府委託業務の委員就任

    ●事業再生関係
    日本航空(JAL)の会社更生申立代理
    林原の会社更生申立代理・管財人代理
    ゴルフ場(複数)・ホテルの民事再生・会社更生対応
    リーマンブラザーズ、タカタ、SFCG等の大型案件での債権者代理
    バス会社・ラジオ局など地方インフラ企業の再生・破綻処理

AI-EI法律事務所のロゴマークについて

事務所ロゴはAI-EI法律事務所の「A」と「E」を組み合わせたものです。
時計をモチーフとすることで長い時を刻み続け、繁栄し続ける願いを示しています。
また、Aの線が時計の7と5を指すことで、五七の桐を想起させ、日本を代表するものになりたいという思いを込めています。

事務所名の意味と由来

「AI-EI(アイエイ)法律事務所」という名称には、次のような意味があります。
英語表記で、AIは“Artificial Intelligence”(人工知能)、EIは“Emotional Intelligence”(感情知性)を指す言葉として使われますが、AIのように過去の大量のデータ(豊富な経験・知見)を的確に分析・類型化して用いつつも、人間を扱うという視点からEIの要素も以て案件処理に臨むという意味を込めています。
漢字では「相栄」と記すことができますが、クライアントと共に栄える、あるいは、出身母体である西村あさひ法律事務所などとも相乗的に栄えていきたいという意味があります。
音では「アイエイ」と読むのですが、これは代表弁護士である森倫洋の亡父が営んでいた家業の社名を基にしたものです。
親の家業の名称を引き継ぐことで、「代々引き継がれる」名のある事務所にしたいという思いが込められています。
また、50音やアルファベット表記で一番最初に来る名称だからというのが家業のネーミングの基ですが、事務所としても「最初に選ばれる」事務所になりたいという思いもあります。

アクセス

Access

〒100-0011
東京都千代田区内幸町一丁目3番2号 内幸町東急ビル9階
03-6205-8444(代表)
info@aieilaw.co.jp

  • - 都営三田線「内幸町」駅A5出口徒歩1分
  • - 東京メトロ銀座線「新橋駅」及びJR「新橋」駅 新橋内幸町地下歩道E出口徒歩2分
  • - 東京メトロ銀座線「新橋」駅7番出口徒歩4分
  • - 都営浅草線「新橋」駅徒歩6分
  • - 東京メトロ千代田線・日比谷線「日比谷」駅徒歩7分
  • - JR「新橋」駅日比谷口徒歩5分

印刷する
  • 弁護士募集 求人弁護士募集 求人
  • 事務職員募集 求人事務職員募集 求人

Purpose実現すべき社会課題

ビジネスに関連する紛争を最大限効率的に解決できる社会を実現することを目指します。
社会・経済活動において紛争の発生は避けられません。
しかし、それを最大限効率的に解決できる仕組みを形成することで、生産活動に向けられるエネルギーを増大させ、それにより社会の効用を最大化することを目指します。

MissionVisionの実現のためにすべきこと

クライアントとの共存共栄を図るため、クライアントの真のニーズを踏まえ、個々の案件について紛争の実質に応じた実践的解決を図るとともに、企業紛争解決の在り方の羅針盤となって、法曹業界全体の発展に「恩送り」の精神で寄与すべく努めます。
紛争の解決の第一歩はクライアントの真のニーズの把握と紛争の実質の把握から始まります。
当事務所では、「AI-EI(アイエイ)法律事務所」の名前の由来に則って、クライアントと共に栄える(相栄える=相栄)ことを目指すべく、AI=“Artificial Intelligence”(人工知能)のように過去の大量のデータ(豊富な経験・知見)を的確に分析・類型化して用いつつ、EI=“Emotional Intelligence”(感情知性)の要素も以てクライアントの真のニーズを把握した上で、紛争の実質に応じた実践的な解決を図ります。
また、そのような実践的な解決を図る姿勢や在り方を、案件処理や公益的・教育的活動を通じて法曹業界全体に浸透させるべく、「恩送り」の精神で臨んで参りたいと考えております。

Vision事務所のあるべき将来像

ビジネスに関連する紛争の効率的・抜本的解決を図るための仕組みの構築・人材育成に寄与し、その一翼を担う中核的な存在になります。
効率的な紛争解決手段はビジネスを行う上での重要な社会インフラの1つです。
当事務所は、個々の案件の処理だけではなく、公益的・教育的活動等をも通じて紛争が可及的に速やかに効率的かつ抜本的に解決できる仕組みの構築や人材の育成に寄与するとともに、将来にわたってその一翼を担う中核的な存在となるべく努めて参ります。

ValueMission遂行において提供すべき価値

・裁判の見通しを踏まえた実践的なストラテジーの提示
紛争解決に当たっては、裁判となった場合の結果とそこに至る時間的・金銭的コストの適切な予測・分析が必要ですが、当事務所では、代表弁護士の長年の裁判官・ビジネスロイヤーとしての経験を踏まえて的確な分析を行い、実践的なストラテジーの提示を行います。

・豊富な経験を踏まえた幅広いメニューによる最適なソリューションの実現
当事務所では、裁判だけでなくADR(裁判外紛争解決手続)や調停など様々な解決手段を用いており、過去の豊富な案件処理の経験に照らし、前例のないものも含めて考え得るメニューを可能な限り提示し、常に最適なソリューションの実現を目指します。

・国際案件を含めた幅広いカバレッジ
当事務所では、様々なバックグラウンドをもつ弁護士がおり、バイリンガルの弁護士も擁し、国際案件のほか、労務・金融・知財など専門性の高いものを含めた幅広い案件をカバーできます。

・コストを意識した効率的な業務処理
当事務所では、タイムチャージでの報酬が基本となっていますが、ハイクオリティなサービス提供を行うのはもちろんのこと限られたリソースを有効活用し、効率的な処理を心掛けるとともに、事案に応じて着手金・成功報酬など成果連動型の報酬についても柔軟にご相談に応じます。

代表弁護士インタビュー
日経「私の道しるべ」 【動画】
エコノミストTV 【動画】
Next Era Leaders / Wall Street Journal 【動画】
覚悟の瞬間 【動画】
B-plus 【動画】